仕組み

オイルスキマーは工業排水に含まれる油を適切に処理するための工業機械である。
以下のような仕組みで油と水を処理し、油による害を防いでいく。

排水には油のみならず浮遊物と油もふくまれ、こうした不純物が多いと、工業水の役目を果たせなくなってしまう。
水は製造物を冷やし、表面を洗い流す役目があるが、不純物が混ざると温度調整や摩擦がスムーズに行えない。
オイルスキマーはこうした不純物を濾過し取り除くことができる。
これは各社の製品ごとに特許技術を持っているメーカーもあり、今では効率よく不純物を回収することが可能になっている。

大体の不純物が取り除かれれば、水と油を分離する作業に入る。
フィルターを使えば油のほうが原子の構造が大きいので、フィルターで油を捕まえることができる。
オイルスキマーの中には、フィルターを使わない種類もある。
フィルター以外にはベルトが使われており、ベルトがタンクに溜まっている水の中を上下することで、油を吸い取ることができるのである。
また、ベルト以外にも他さまざまな分離法をもつオイルスキマーが存在する。

更なる分離には、分離槽で水と油を分離する必要がある。
ポンプなどで勢い良く水を組み上げることで、水と油が自然に離れるよりも早く水を分離するのである。
少なくとも三段階の段階を通り、オイルスキマーは水と油を分離させ、水を循環させていくのである。

カテゴリー