現代に必要不可欠な技術

オイルスキマーは、浮上油の対策のために有効な機械である。
油が浮いている状態であれば、すくい取るなどの対策をとることができるが、油は状態により回収しにくいものがある。
水に単純に浮いているものは回収しやすいが、乳化状態で水が表面に交じり合ったものの場合、回収しにくいこともある。
中には水中を浮遊しており見た目には分からないものもある。

オイルスキマーは水の中に含まれている、様々な状態の油を水と分離させることができる機能を持っている。

オイルスキマーが利用されている場所はいたるところにある。
工場であればどこでも工業機械を使っており、そのたびに水と油が発生するのである。
一見工業排水とは無縁に見える食品工場でも油が浮いた工業排水は排出されている。
自動車工場や金属工作機械などはもちろん工業排水は排出されている。

工業排水が環境に及ぼす影響には現在手厚い配慮が行われなければならない。
製造過程で汚れた水が街や農村になんの処理もなされないまま流されないための努力がされなければ現代の工場としての役割が果たされないと言っても良い。
高度経済成長期にはこうした工業排水などを処理する機能よりも、より生産していくという過程が大事にされた。
排水を処理することにコストをかける暇がなかったのである。
しかし、現在ではこうした処理を怠ると社会的なイメージも損なわれる。
公害問題にきちんと対処することが現代の産業には必要不可欠な対策となっている。

カテゴリー